強権の発動を望んでいるのではない

政府が給付要件として「酒類提供停止に応じない飲食店との取引停止」を求める文書を都道府県に出していた。これらの件を西村大臣が撤回した。陳謝するのは当然のこと。強権発動との意見が出るのもわかる。
野党は鬼の首を取ったかのように喜んでいる。敵の失敗を喜ぶことは多い。これで追及する材料ができたと。しかし、やり過ぎると醜態をさらす。政府だって焦っているし、手法の間違いはあたかもしれないが手を打たなくてはならない立場にある。失敗を批判する立場とは違う。これが分からないのは、責任ある立場で仕事をしたことがないからだ。本当に新型コロナの終息を考えているのだろうか。メディアと同じように、話のネタがなくなることしか考えていないのでは。
国民一人一人が律しないで、政府の役割を理解しないと、何が必要な世になるのかわからなくなてくる。国民は強権の発動の源になるのは何であるかを真剣に考える必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です