いろんな考え方がある

先だって子供に10万円給付の方針があり、いろいろ物議をかもした。考え方を述べたり議論をすることはいいことだ。詭弁になってはいけないが、こんな考え方もある。
世界の先頭を切って少子高齢社会に突入していることは、周知の事実だ。子供が少ないのは地方地方で差があるが、高齢者は全国津々浦々まで浸透している。ここでは深くその原因を追究するのでも、未来を語るのでもない。しかしこれを解決する大きな答えは、いまより子供が増えることである。全ての国民は結婚し、2人の子供を設けると人口減少は穏やかに落ち着ける。活気のある社会や財政基盤が気付けるであろう。個人にはそれぞれの事情があるわけで、それは逆に人権を侵す考えでもある。
子供もいる世帯に10万円給付しても、そんなに効果はないが財政にとってはは大きな痛手だ。子供を持たない持てない人にとって、このようなバラマキ政策はもってのほかかもしれない。子供がいても反対の人もいるのは自然だ。しかし日本国丸としては、子供という燃料がなければ前進できないし、やがては座礁し沈没する。つまり移民・難民となり他国に活路を見出さなくてはならなくなる。極端な時には他国への侵略となる。
子供を育ててみると分るが、経済面だけでなく多くの面で大きな負担を負う。自分が死ぬまで子や孫の将来を考え白髪を増やす。しかし国を元気づける資産は残すのだ。その責任と努力に対して、給付がどうのこうのと言うべきではない。国民一人一人が自分の責任を全うし、爪の垢ほどであっても、将来に資産を残すことだ。

北京冬季オリンピックは中止にしたら

中国の女子テニス選手彭帥が、元副首相との性的関係を強要されたと発表して以来、消息が不明になっている。傀儡報道機関が、元気にしている画像などを流したが、なぜか(当然か)国内向けではなく、海外向けであった。多くの疑念を抱かせる内容であり、信憑性に欠ける。おまけにIOC会長バッハとの会話を流した。なぜWTA(女子テニス協会)でなくIOCが登場するのか。そして12/1にWTAのサイモンCEOが安全が確認できない以上、中国でのテニストーナメントを中止すると発表した。サイモン氏の決断に敬礼!
並行して欧米の国々が北京オリンピックへの「外交ボイコット」を表明している。かねてから新疆のウイグル人虐待や香港への強権的政権移譲などに加えて、今回の問題だ。中国は早急に真実を明かすべきだ。もし、それがないのであれば世界各国は本気で「外交ボイコット」ではなく「競技ボイコット」すべきではないか。癒着と利権・中国の使い番バッハ会長の茶番劇と、世界をナメた行動はもはや実力行使がなくては更生できない残念さだ。
これまで何かにつけオリンピックの矛盾が指摘されてきた。本気で改革する時期だ。IOCは解体して各競技団体で独自に主催したほうが良い。サッカーやテニスほどの隆盛は無理な競技も多くあるが、それはそれで競技の魅力を向上させるよい機会だ。

日本が成長しないわけ

相変わらず日本経済が成長しない。当然と言えば当然と言えば当然かもしれない。根本的に社会構造と要求が食い違っている。つまり要求は平等で貧困格差のない社会であり、端的に言えば社会主義的発想なのだ。一方、努力で能力を発揮できる自由な資本主義的社会システムの中にいる。自由と平等を同時に要求する身勝手な社会なのだ。その天秤に弄ばれて揺れることが、いかにも運動している錯覚に陥っている。波間に漂う物体は動くばかりで、前進も後退もしないで留まっているものだ。波にもまれるだけで、ただあがくだけで、抜け出すだけのエンジンを補強しないし、考え努力をしない。火山噴火で排出された軽石の様にすり減って、どこに行くのか分からない他人任せのチリジリの将来が待っている。精神土壌が他人任せの社会主義的ユートピアになっている。社会情勢がそれを叶える構造になっているのであれば、そうすればいい。そうでないから、イラつき議論しているのではないか。
一つの決断が求められる。国(国民)に依存する社会保障を選ぶのか、自分の力量に依存する自由を選ぶのか。千数百兆円の国債にまだ輪をかけて自滅が解っていながら目先の享楽を得たいのか、空腹に耐えながら自分を夢見て将来にかけるか。自分の子供がいれば、今よりより将来に賭ける発想・忍耐・努力の必要性が解ってくるのだが……。世界の中の日本であることが分かっていれば、答えは明白だ。要するに政府云々ではなく、国民一人一人の覚悟が足りないのだ。

仲良しクラブでは、勝てない–立憲民主党

テレビで見たくもないのに、必要以上に見せられる立憲民主党代表選挙。先の自民党総裁選挙報道との公平性を示したいのか、自民党に一泡吹かせたいのか、メディアの取り上げ方に違和感を感じる。自民党のそれの時には、野党が他人で関係のない候補者の政策に批判する場面を多く露出させた。立憲民主党のそれには与党の批判を見る場面がない。メディアがそれを取り上げないのか、与党が批判しないのか、どちらだろうか。おそらく後者であろう。自民党は政権与党であるから仕方ないが、国民としてはここらの感覚を感じたい。
さて、立候補者の演説(?)であるが、結論的に皆同じで新鮮さがない。唯一感じるのは、内容ではなく話し言葉がしっかりしている。流石に批判アジ演説の得意な左派よりの方々だ。なのに争うのではなく相手をかばっている場面さえある。立憲支持の国民はどんな気持ちで見ているのだろうか。紳士ぶっている場合ではない。4人だからトロイカとは言わないだろうが、かつてソ連であったように仲良く(?)トロイカ体制でやるつもりだろうか。相手を蹴飛ばしてでもの覇気がない。自民党も幅が広いが、立憲はもっと幅が広い集まりだ。いざとなれば、国民民主党へ行くなり、共産党へ行くなり、はたまた旗揚げするなりの覇気を持って代表選挙を戦う人はいないのか。

韓国で新型コロナ感染者がなぜ今増える?

日本では感染者が100人を割る状況になった。一方、韓国では3000人を超え、直近では4000人を上回った。最近まで規制を強化していたが、今は緩和している。ワクチン接種率も日本を上回る数になっている。この違いは何なのか? 気候が日本より低いせいか? 三蜜が高いせいか? マスクの着用率が低いせいか? 今月より、ウイズコロナに舵を切り規制を緩和したのが原因か? 流行以来、一貫して日本より順調な状況を維持していたのに、なぜだろう。
高齢者を中心にワクチンの効果が薄れてきたこと(ブレイクスルー感染)が、取り上げられている。しかし接種開始時期は日本と大差はない。4、5ヶ月でブースター接種が必要としているが、それは対策であり原因ではない。ワクチンについて、失礼を承知で感想を述べたい。ひとつはワクチンの種類だ。ファイザー、モデルナも接種されているが、日本と違う点はアストラゼネカが多いことだ。これは物理的な追跡調査が必要だろう。次は接種間隔であるが3、4週間が適切に守られて行われていたのだろうか。短いと効果が得にくいと聞く。残念ではあるが、最近の韓国政府の動向には疑問な点が多い。特に日本に対しては異常なほどヒステリックだ。国を誇示するのは良いが、つまらぬ勘違いをして日本に追いついたぞ、追い越せと頑張って(?)いる。その延長で接種すればいい、追い越せばいいの結果ではなかったのではないか。接種のスタートはワクチンの確保が順調ではなくて、日本に後れを取っていたのは事実だから…。虚像のKボーエキに実像を失ってなければいいのだが。

 

評論家は、メリットもデメリットを話せるようになれ

岸田内閣の経済対策の一環として、18歳以下への10万円給付がある。世帯主960万円の条件が付いている。半額はクーポンにする。
これを語るメディアや評論家などは例によって、批判的な意見を語る。何事にも意見があり事情があるのであるから、批判があるのは当然だが、賛成もあって当然である。そうであれば職業評論家は、客観的に事象のメリットとデメリットを語らなくてはその資質が疑われるだけでなく、雑音と言う公害をまき散らすだけに終わてしまう。与野党が無理を承知で、賛否のゴリオシしているのとは立場が違う。メディアに招かれる評論家やジャーナリストは客観的な意見を求められているのであるから、その責任は果たして欲しい(なかには偏向した意見を言ってほしく思っているメディアもあるが……)。
・給付しないと、無策と言う。給付するとバラマキと言う。
・全員に給付すれば、困った人に絞れという。条件を付けると不公平と言う。
・公平になるよう手をかけると、遅いという。
・世帯に960万円以下が複数いれば、不公平と言う。確かにそうだが今すぐ確定申告するのか?
・消費に回らないからクーポンにする。クーポンは諸経費が掛かるという。どこまでの商品がクーポンの対象かわからないと言う。
酷いのは緊急の経済対策であるにもかかわらず、永続的な措置と勘違いしている。緊急措置はその名の通り、速さが求められる。メディアに登場する人には、明日の1万円より今日の千円が大切な感覚が解っていない。

クイズ番組に思うこと

クイズ長寿番組の「アタック25」が終了した。何年続いたのか定かではないが、何事もいつかは終わるのが定めである。この番組の最大の功労は素人の一般視聴者を対象にしたことであろう。クイズ番組は減少傾向であるが、ネタが減少したことも一因があるのだろうか。なかには視聴覚に訴えたクイズを考案しているのもある。色々多角的に企画して楽しませてほしい。
昨今のクイズ番組の特徴は、タレントや芸能人を回答者にしたものだ。この種の人が出演する番組の特徴は、いつの間にか視聴者が横に置かれ出演者が主体となって楽しんでいることである。楽しさを演出している気であろうが、度が過ぎると見ていて白々しくなる。いつの間にかクイズの質がタレントの知的レベルに合わされてしまう。視聴率重視のタレント起用ばかりでなく、素人の実力を見せてくれる本来の知性と雑学を期待する。

日本のエネルギー確保

COP26が閉幕した。焦点の石炭火力は「廃止」から「削減」に緩和された。地球環境にとっては一歩後退だが、現実的には致し方ない。日本の取り組むべき分野は、再生エネルギーと原子力発電がキーとなる。
原発は稼働中止になっているものが多くある。火力を減じるためにも、保有している原発は再稼働すべきだ。同時に原子力技術は確保しなくてはならない。小型原子炉は研究開発しなくてはならない。世界初の被爆国として、核に対する拒否反応は強い。それと核技術保持は別の問題だ。安全技術の追求と同時に、有効利用を考えた施策が必要だ。今の国際情勢下では、安全保障の観点からも核技術は必要だ。保持している核燃料は使い捨て出来るものではない。利用サイクルの確立が必要だ。
再エネ発電には、太陽光・風力・バイオマス・地熱などがある。太陽光・風力は中国やEUなどにコスト面で不利となっている。当面は依存をしなくてはならないであろうが、日本の技術力は克服できると信じる。パネルのコストダウンが必要だ。また国土への設置で地理的問題がある。太陽光は平面的に場所が必要で、有効設置と環境・美観で不利だ。風力は風が弱く一定しない問題があるが、平面的に狭く垂直利用が可能だ。美観には難があるが周囲を農業利用できる。塔の周囲に太陽光パネルを巡らせば、発電が向上する。過疎化に悩む自治体には適したスタイルであり、有効な財源にもなる。
新築される建物を含め、補助は必要だがパネルの設置を義務付けるべきだ。エネルギーは国の根幹だ。輸入が難しいし、発電原料を海外に依存しすぎると、国家安全保障が脅かされる。地球のためにも原発が稼働できる間に太陽光・風力発電体制を整備すべきだ。

中国について知っておくべきこと–〝国は個人のモノである〟

中国では6全中会が終わり、「歴史決議」が発表される。毛沢東、鄧小平以来である。習近平の異例の3期目も確実視される。慣例や決まりを破る行いと言っても、かの国では関係のないことのようだ。
我が国などで、このようなことをすれば次の選挙で国民は許さないであろう。韓国であれば弾劾されるであろう。なぜなら国民が選挙で選ぶシステムだからだ。しかし中国ではそうではない。国(?)は国民のモノではなく、共産党の持ち物だからだ。国民の選挙で選ばれた公的代表が最高権力者ではなく、私的機関共産党で選ばれた代表が権力者だからだ。日本では与党の権力者が横暴を働くと、選挙で他党が取って代わるであろう。中国では国民は何もできないのだ。9500万人党員と人民軍と警察などの前に国民は何もできない。できないどころか協力するしかないのが現実だ。江戸時代の〝藩〟の実態に近い。殿さまに家臣は逆らえないし、民百姓は論外だ。藩は他藩を侵略することはなかったが、中国は他国に進出する。
公的機関であれば贈収賄がはびこれば罪になるが、私的機関であれば上が許せば罪にならない。上は自分の都合で罪にも論功にもできる。そうやって習近平は自分を「核心」に祭り上げた。それが不自然でないのが中国だ。そのような国(?)と対峙するのがいかに難しいものであるかを理解すべきだ。我が国の感覚で物事を考えられないことを理解しなくては、後の祭りになる。

メディア、ジャーナリスト、コメンテーターなどは、自身を総括してみては

先の衆議院選挙では、事前の予想に反して自民党は大勝利し立憲民主党は惨敗した。大方のメディアやジャーナリストは結果の逆を予想し、期待していた。予想は外れるものとは言え、分析力の欠如は否めない。自信がないのなら、期待だけでものを言わぬことだ。そう、昨今のメディアなどは自分の方針と期待で、国民を誘導しようとすることが甚だしい。それがいつしか民意を見間違えるようになった。
間違う原因は、ひとえに勉強・研究・愛情不足だ。言い換えれば変化に対応できない、固定概念に縛られた固い頭だ。またそれを許容しない固執した組織だ。世界を見て、揺り動く国際情勢を理解すれば、何を言いどう提案すべきか判ってくるはずだ。些細なゴシップを追い回している場合ではない。本当に国のことを考えれば、これまでの自身を総括して再スタートする必要があることは分かるはずだ。