枝葉末節にこだわり過ぎる国民、煽るメディア

正確には、「枝葉末節にこだわるメディア、煽られる国民」が当たっている。最近の話題は新型コロナ、オリンピック、菅政権などが中心だ。毎日毎日、同じことをだらだらと素人や専門家もどきが集まって、飯の種にする番組。CMでもわかる通り、繰り返しの刷り込み効果である。もはや、1億総受動化である。SNSの根拠のなさにも気づかなくなっている。
イギリスは未だにコロナ禍である。その中で、規制と撤廃するという。危険である。実験だと評論家気分の人もいる。ワクチン接種の進展がどんな結果をもたらすか。参考にはするべきだが、根拠のない論考はうんざりだ。
自由を求める人には「自助」を求める。少なくともイギリス人は、日本人より自由を大切にするし、自分に責任を持つ。日本人は自由を求めるが、「自助」心が薄い。文句は言うが、助けは求める。文句を言うのなら、もっと自分で努力すべきだ。日頃、身の回りに流れている情報が、根拠に薄く、危険なものかを見抜く眼力を養いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事はありません