小心者になった経済界

東京オリンピックの開会式に、トヨタ自動車に続いて経団連、日本商工会議所、経済同友会、パナソニックが欠席すると表明した。スポンサーは継続するとのこと。
確かに、オリンピックを巡っては様々な問題や混乱があった。オリンピックに関わってもうま味がなくなったのも事実だ。しかし、上記2社も広告塔としてスポーツ実業団を抱えている、強く国民の支持を得ている企業だ。経済団体も日本を牽引する団体だ。せめて、否定的な表明は避けられなかったものか。日本を代表する方々だけに、大局的判断ができなくなった姿が痛ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事はありません