岩崎弥太郎が嘆いている

三菱電機が空調設備の検査不正を、30年以上も前から続けていたことが発覚した。歴代経営陣が全く気付いていないわけがない。大企業の陥る典型的なパターンだ。今を守り続けようと努力することは大事だが、代わる新しいことに挑戦する気概が乏しい。長年のしがらみを断ち切る勇気がない。すぐに手を打っておけば小で済むことが、それをしないと大きな代償を払うことになる。大財閥三菱のもたつきが目に付く。幕末から維新にかけて三菱を築き上げた岩崎弥太郎も嘆いているであろう。
経営を誤った企業が倒産することにあまり危惧は感じないが、それに代わる企業の出現がないのは困る。シャープや東芝は倒産したに等しいが、それに代わる企業が出てこない。むしろ同じ運命を危惧する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です