新型コロナの協力金支給を遅らせているのは誰か?

コロナ予算の20兆円が未執行。日頃、使い切ることが当たり前になっている予算だが、精査して余ることに問題はない。飲食店などへの協力金予算は3兆6300億円だが、2兆6600億円が残っているそうだ。実に73%が残っている。
メディアは飲食事業者などの声を通じて、支援金を早く配布して欲しいとの声をインタビューとして報道する。メディアも遅いと超え高々に報道する。政府は何をしているのかと。しかしどれだけ実態を理解しているのだろうか?飲食業者やメディアや国民は。73%に及ぶ原因の大半が、自治体の事務上の停滞であることに。
国民は余りにも無責任ではないのか。全て政府が悪いように報道するメディアの戦略に簡単に乗っかてしまう。ここにも自治体の無責任と無能が露呈した。もちろんよく対処している自治体もある。しかし上だのみで、自ら考えない体質から抜けきれない(地方自治法において、強力な権限を与えられているにも関わらず)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です