サッカーJリーグは、どこまで浸透するか

日本のサッカーは飛躍的な向上がある。世界のクラブへと進出する選手が輩出している。J1を頂点とするピラミッドが効果的に機能している。ワールドカップ(W杯)での活躍も期待できる。
そのW杯アジア予選のアウェー戦が、テレビ放送ができなくなった。放映権が、ある有料メディアに独占されたからだ。もともとJリーグは、このメディアと独占契約している。商業上の理由だから致し方ない。
日頃からのサッカーファンとして、寂しく思っていることがある。サッカーのテレビ中継が少ないことだ。人気がないからか、放映権のせいなのかはわからない。多分今の形がJリーグにとって儲かるのであろう。有料契約してまでサッカーを見たい人は多くはない。都市を拠点とする発想のJリーグであるが、それ以外の地区の住人は観戦する機会に恵まれない。サッカーがマイナーな競技にならないことを願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です