韓国で新型コロナ感染者がなぜ今増える?

日本では感染者が100人を割る状況になった。一方、韓国では3000人を超え、直近では4000人を上回った。最近まで規制を強化していたが、今は緩和している。ワクチン接種率も日本を上回る数になっている。この違いは何なのか? 気候が日本より低いせいか? 三蜜が高いせいか? マスクの着用率が低いせいか? 今月より、ウイズコロナに舵を切り規制を緩和したのが原因か? 流行以来、一貫して日本より順調な状況を維持していたのに、なぜだろう。
高齢者を中心にワクチンの効果が薄れてきたこと(ブレイクスルー感染)が、取り上げられている。しかし接種開始時期は日本と大差はない。4、5ヶ月でブースター接種が必要としているが、それは対策であり原因ではない。ワクチンについて、失礼を承知で感想を述べたい。ひとつはワクチンの種類だ。ファイザー、モデルナも接種されているが、日本と違う点はアストラゼネカが多いことだ。これは物理的な追跡調査が必要だろう。次は接種間隔であるが3、4週間が適切に守られて行われていたのだろうか。短いと効果が得にくいと聞く。残念ではあるが、最近の韓国政府の動向には疑問な点が多い。特に日本に対しては異常なほどヒステリックだ。国を誇示するのは良いが、つまらぬ勘違いをして日本に追いついたぞ、追い越せと頑張って(?)いる。その延長で接種すればいい、追い越せばいいの結果ではなかったのではないか。接種のスタートはワクチンの確保が順調ではなくて、日本に後れを取っていたのは事実だから…。虚像のKボーエキに実像を失ってなければいいのだが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です